人気のプログラミング言語Java

Javaは200種類以上あると言われるプログラミング言語の中でも人気の高い言語です。人気の理由は、使える環境、使える場面が多いことがあげられます。Web開発、アプリケーション開発はもちろん、大規模なシステム開発や、Androidアプリの開発でも使われています。Javaは仮想マシン上で動いていることからプラットフォームを限定しません。これはJava仮想マシンが動く環境であれば、どんなコンピューター上でも動くことを意味します。この特性があることによってJavaで作られたアプリケーションは、別のプラットフォームへの移植が容易なことも人気の理由です。

Javaはオブジェクト指向言語です。オブジェクトと呼ばれるプログラム内のパーツを別々に作り、最終的に組み上げるプログラミングが可能です。パーツを別々に用意できることから分業が可能で、自分が受け持つパーツだけに責任を負えばいいことになりますから、プログラムを組むチームの全ての人が最終的な動きを把握していなくてもプログラミングが可能となります。この特性によって大人数での大規模プログラミングがやりやすくなっています。

大規模システムだけではなく、Googleの提供するAndroidもJavaで作られていますので、そのアプリを開発する時にもJavaは親和性が高いことになります。Twitterも最初は別の言語で開発されていましたが今はJavaに切り替わっています。どんな開発でも威力を発揮するJavaですが1つ難点を言えば他の言語よりも開発に時間がかかることです。